docomoも緊急値下げ、ケータイキャリア、ぎりぎりの攻防【2021年3月】

ニュースを知る

ギリギリで価格値下げを発表したドコモ

昨年NTT docomoがahamoを発表してから楽天モバイルが基本料金0円からの新プランを発表し各社揃ったかと思われた新プラン。

しかし、各携帯キャリアの価格調整が難航。最終発表がやっと整った。

一番早く発表した、docomoのahamoは、2,980円(税抜)で発表していたものを緊急値下げし、2,700円(税込2,970円)で提供に変更した。

また、ソフトバンクも仮称としていたSoftbank on Line を LINEMOとして正式に発表し、当初docomoと同様だったプランを、標準5分かけ放題を廃止。さらに500円価格を下げて発表した。

→楽天モバイル、端末セットOPPO Reno3

4社のプラン比較表を更新2021年3月版

4社のプラン価格表を更新しました。

docomoSoftBankauRakuten Mobile
プラン名ahamo
(アハモ)
LINEMO
(ラインモ)
povo
(ポヴォ)
Rakuten UN-LIMIT VI
月料金
(税込)
2,700円
(2,970円)
2,480円
(2,728円)
2,480円
(2,728円)
0円~2,980円
(0円~3,278円)
通信容量/月20G20G20G0~無制限 / エリア外5G
速度制限1M1M1M1M
標準通話5分通話30秒/20円30秒/20円かけ放題
(専用アプリ利用)
通話OPかけ放題:1,000円5分通話:500円
かけ放題:1,000円
5分通話:500円
かけ放題:1,500円
通信回線4G/5G4G/5G4G/5G4G/5G
申し込みオンラインのみオンラインのみオンラインのみオンライン & 店舗
無料海外
ローミング
20G/月2G/月
特徴利用期間の引き継ぎがOKに。
(dポイントステージに関係)
Lineモバイルを吸収

Lineのデータ利用は、
カウントされない。
シンガポールの会社と協業

データが、
200円で24時間使い放題
エリア拡大が課題
※楽天エリア外でも
1M制限で、
パートナー回線利用可能
*2021年3月1日現在

最新状態でも、圧倒的にプランでは楽天に理がある。

コスパだけで考ええれば、楽天エリア内の人は、楽天モバイル一択といってもいいでしょう。

エリアが不安という人も、使わなければ基本料金がかからないのであれば、契約してみて自分がよく使う場所で電波状況が良ければ乗り換え。微妙であれば2台目で検討してもいいと思います。

結局、3社の横並び感は否めない

最終的な調整で多少の差が生まれてきたが、横並び感は拭えるものではない。

ただし、楽天の0ギガスタートや、ソフトバンクのLine通信のデータノーカウントなど、普段の使い方によって累積する差がでてくることは間違いない。

自身のスマホ利用の質を見直して、累積しそうなサービスの会社へ乗り換えるのも一つの手だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました