知ってた?次亜塩素酸は、4時間で効力低下!これからは、次亜塩素酸を、携帯して作り出す時代へ突入

ガジェット紹介

新型コロナ拡大以降、アルコールがドラッグストア・薬局・スーパーから一斉になくなったことは記憶に新しいですよね。

いまでは、だいぶ落ち着いて、通常に手に入れることができるアルコールですが、手指の消毒にはスプレーワンプッシュでは効果的な消毒ができないって知っていましたか?

そこで注目したいのが、次亜塩素酸。除菌効果が期待されており、机やテーブル、椅子などの除菌に多く利用され始めました。

いまでは多くの店舗の除菌に活用されて、その利用幅は大きく広がっています。

ただ、次亜塩素酸の効果時間は短く、次亜塩素酸を生成してから4時間で効力がなくなるとされており、日常で持ち歩いて一日中除菌に利用するには向いていませんでした。

そんな、次亜塩素酸を、いつでも作りたての状態で、携帯できるオシャレなスティックが登場するのでご紹介します。

再電解がキーポイント、専用塩水でいつでも新鮮な次亜塩素酸

先にも述べた通り、次亜塩素酸は新鮮さが大切。せっかく持ち歩いても生成から4時間以上経過すると塩素濃度が低下していき、その効能は著しく低下します。

Panasonic 社の、次亜塩素酸 携帯除菌スプレー DL-SP006-W は、ワンプッシュで塩水を再電解して、有効な塩素濃度に戻します。

つまりワンプッシュで、いつでも新鮮な次亜塩素酸が生み出せるのです。

再電解に必要な時間は、約1分。すぐにできあがります。専用の塩水は、1パックで50回スプレーができる上、パックも小さくて持ち運びしやすいのも特徴

手指の消毒、ワンプッシュでは足りない、手が濡れるぐらいまで必要だった

小さなスプレーボトルでアルコールを持ち歩き、除菌に利用する方もだいぶ多くなりましたが、手指の消毒には、手がびしょびしょになるくらいの量が有効的だとされています。

そこでオススメしたいのが、ご紹介している、携帯除菌スプレー DL-SP006-W

いつでも新鮮な状態で使える次亜塩素酸

1パックで50回プッシュできる

替えの専用塩水も一緒にもちあるけば、量の不安も解消

ショッピングカート、机の上、椅子の手持ち部分など幅広い場所に利用でき長時間の外出にも安心です。

見た目がオシャレで、特に女性には高い人気がでそう

除菌グッズというと、どうしても見栄えがあまりよくないのですが、この携帯除菌スプレー DL-SP006-Wは、とてもオシャレな見た目をしています。

清潔感のある白で、除菌グッズとはおもえないスマートな見た目。

初めてこれを見た人は「え!?除菌グッズなの!?」と思うでしょう。

日頃の利用はもちろん、おしゃれなレストランや、カフェなど色々なシーンにもっていても違和感なく利用できそうです。

また、新発売商品なので「それどこで買ったの!?」と注目を集める可能性も高いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました